風水「財布」TOP >> 風水「財布」金運 >> 風水「金銭運」

風水金運〜”金銭運”と金銭運を高めてくれる風水要素。

金銭運 「金銭運」とは流動性の高い金運を意味しています。安定性のある運気ではなく 、短期的で瞬発力の高い運気です。「宝くじなどでの一攫千金」「仕事の大型契約」 「株・相場などによる収入」などが対象となっています。

ひとつ覚えておきたいのが、「金銭運」は支出と出費のバランスをはかることが とても大切ということ。金銭運の高まりによる「大きな収入」があった時には、 それに見合った、効果的な「支出」が必要になるということです。
耳にしたことがあるかと思いますが、「宝くじの高額当選」をした人の中には その後、身の破滅へと至ってしまった人も少なくないということ。これは、強い金銭運 によって得た収入に対して、適切な支出(効果的・意味の高い)を同時に心がけなければ 本当の意味での「金銭運」を享受したことにならないということなのです。


「金銭運」の概要と特性

金銭運 良い金運「金銭運」を得るということは、貨幣の”流入”と ”流出”の運気バランスを整えるということがその本質となります。 「貨幣の流入を多くすること」や「貨幣の流出を抑えること」が”良き金銭運”となる わけではないのです。

一般的に「金運」とは月日の流れと共に変化するものと考えられています。月ごと、年ごと に「金運の良い月・年」が巡ってくるという考え方です。 もちろん、これは風水的にも適している考え方だと思っています。ただ、これだけで”金運” が決まってしまうということであったなら、ただひたすら次の「金運が良い月・年」まで 待つしかない・・という「思考」になってしまいます。

そのような「時の流れ」に沿った”運気”というものはもちろん大きな要素なっていますが 、それ以外にも日常的な「志向・行動・自然エネルギーの享受」といったことから発生する ”運気”も存在しているのです。自然の摂理から考えても、「量の大小」で結果の 良し悪しが決まるわけではないということがわかります。生命にとって「水」がかけがえの無い 要素ではありますが、だからといって急激に・・短期間に「大量の水」がもたらされて しまっては、ダム・河などが氾濫・・厄災をもたらすことになるのです。

それと同様に「金運」にとって、”金銭・貨幣”が大量にもたらされること(流入)が災い へと繋がることも多いものなのです。そういう時には、”金銭・貨幣”を流通(流出)させる ことが大切な行いとなります。 そう・・「流入」と「流出」のバランスが取れている状態こそが、『良い金運を得ている』 ということになるのです。


出費(流出)のほうが多すぎる場合に適した「金銭運」を高める本革財布

金運財布 「出費(流出)のほうが多い」と感じる人にとっては、スムーズな出費がはかられる ように風水要素を取り入れることが、「金銭運」を高めることに繋がっていきます。

そんなときにおすすめなのが、「象革(エレファント)の財布」。とても貴重な本革 ですが、「蓄積力」「支出を抑える力」は、本革の中でも最も強い力を有した本革素材 なのです。
象革(エレファント)長財布の詳細・販売はこちらをご参照ください。


スムーズな出費が出来ていない時に適した「金銭運」を高める本革財布

金運財布 「無駄遣い」は、”適切な出費”ではありません。単なる”浪費”であり、風水的な 運気を弱める行いとなります。「適切な出費」「スムーズな出費」が出来ていないと 感じる人にとって、「金銭運」を高めるのに適した本革財布が「蛇革の財布」です。

出費を「財産」となるものへと導いてくれる・・そんなエネルギーを有しています。 財産は「不動産など」だけではなく、「良き人間関係」もとても大切な”財”のひとつ なんですよ。
パイソン 長財布(ナチュラルカラー)の詳細・購入はこちらを参照ください。


収入と出費のバランスは良いものの「総額」が少ない時に適した「風水財布」

金運財布 金銭の流入・流出のバランスはとれている・・といった方には、「金銭運」を強力に 高めてくれる「本革金色(ゴールド)の財布」がおすすめです。

収入・支出のバランスがとれていない人が「金色の財布」を活用してしまうのは、 おすすめできませんので、覚えておいていただければと思います。
風水「金色の財布」のページへ


風水「金運」contents


風水「財布」contents


Bookmark